NorioEnomotoNovelist, Film director, Story consultant

榎本憲男小説家・映画監督・ストーリーコンサルタント

『カメラを止めるな!』の脚本指導などマルチな才能を多分野で発揮

1959年 和歌山生まれ。
青山学院大学卒業後、株式会社西友入社。1987年銀座テアトル西友(現・銀座テアトルシネマ)オープニングスタッフとして映画のキャリアを始める。1988年、同劇場支配人。シナリオの勉強を独学で始める。1991年ATG脚本賞特別奨励賞受賞。
 
西友から東京テアトルに転籍。テアトル新宿支配人。
1996年荒井晴彦第一回監督作品「身も心も」プロデュース。
後、本社で番組編成、製作、宣伝に携わる。

2004年第三回角川エンジェル大賞受賞。
2010年より東京テアトルを退職してフリー。
2010年第一回監督作品『見えないほどの遠くの空を』監督 同名タイトルの小説を執筆
2011年『見えないほどの遠くの空を』劇場公開
2011年小説「見えないほどの遠くの空を」小学館から出版

『見えないほどの遠くの空を』
第27回ワルシャワ映画祭(ポーランド)フリー・スピリット・コンペティション部門に正式招待。

2011年 短編「なにかが壁を越えてくる」撮影
2012年 同作品 完成 東京国際映画祭日本映画・ある視点部門に正式招待。
2015年 『森のカフェ』公開
2015年 小説『エアー2.0』を小学館より刊行 同作品で大藪春彦賞候補となる。
2016年 同文庫を出版
2017年 『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)の脚本指導。
2018年 警察小説『巡査長 真行寺弘道』出版
同シリーズ第二弾『ブルーロータス-巡査長 真行寺弘道』を出版

*映像学校ENBU[演劇&映像]ゼミナールにてシナリオ基礎講座の講師、日本大学芸術学部映画学科にて非常勤講師を務めている。